ここでは包茎治療について詳しく説明します。
日本人の男性の7割は「包茎」と言われています。
ABCクリニックにいらっしゃる患者様の
最も多いお悩みも、またこの「包茎」です。

無料メール相談

ホーム >> 包茎治療

包茎治療

包茎とは、「勃起していない」時に亀頭部が皮膚で包まれている状態のことを指します。
若い患者様では特にセックスの際の見た目を気にしての悩みが多いようですが、問題は見た目ばかりではありません。
包茎のまま放置しておきますと、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まって、たいへん不潔になりがちです。
また、亀頭が外からの刺激から守られてしまうため敏感なままとなり、セックスの時に早漏になりやすいです。
包茎は大きく分けて3つの種類があります。 ご自身のペニスがどのような状態なのか御確認ください。

※包茎の詳しい状態については、自分で判断をするのではなく、クリニックでの診察をお勧め致します。


包茎の種類

包茎の種類は、以下の「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」3種類に分けられます。


真性包茎

真性包茎勃起しても亀頭が皮に包まれたままの状態のことを「真性包茎」と言います。 これは包皮の口が狭いか、亀頭と包皮が癒着してしまっている状態で、通常の方法では亀頭が露出することはありません。 真性包茎は常に皮が被ったままなので、恥垢が溜まりウィルスの感染繁殖や悪臭の原因にもなります。また、単に不潔なだけでなく、亀頭や包皮の炎症まで引き起こすことがあります。


マイナスポイントは・・・

早漏や性病になりやすくなったり、性器が悪臭を放ちやすくなるので、早期の手術をおすすめします。
亀頭が常に包皮に覆われている状態なので、恥垢が溜まりやすくなります。


仮性包茎

仮性包茎勃起していない時は包皮が被っているけれど、勃起すると亀頭が露出する状態のことを「仮性包茎」と言います。 包茎の中で最も多いのがこの仮性包茎です。
なお、手で剥いても痛みをあまり感じることもなく、亀頭を露出させることができますが、放置したままにしておくと再び包皮が亀頭を包んでしまいます。


マイナスポイントは・・・

普段より皮が被っているため、雑菌も繁殖しやすくなり不衛生になる上に、陰毛が包皮に絡まりやすく包皮や亀頭周囲に炎症などを起こす可能性があります。
またセックスの際に早漏になりやすくなってしまいます。


カントン包茎

カントン包茎包皮を剥くことはできても、包皮の口が狭く勃起時に亀頭やその下部に回りこみ、首の部分を締め付けてしまう状態のことを「カントン包茎」と言います。 カントン包茎は頑固な包皮が非衛生的にし、亀頭の成長や勃起を阻害するのはもちろんのこと、勃起した時、狭い包皮の口が亀頭をうっ血させて、痛みを生じてきます。



マイナスポイントは・・・

包皮口が狭くなっている状態なので、セックスの際に狭い包皮の部分が裂けてしまう場合がございます。
裂けた傷口より、菌が入ってしまうことで大きく腫れ上がる場合もございます。

ABCクリニックの包茎治療とは?

まごころのある治療を! 一生に一度の事だからあせらないでください。

まごころの無い治療はABCクリニックの望むところではありません。
数々の患者様を治療してきた手術の技術もさることながら、ABCクリニックはカウンセリングにも力を入れております。
患者様のメンタルをまず考え、お悩みや不安、疑問点をまずお聞きし、それから、患者様と一緒に最適な治療方法を考え、選択して行きます。
カウンセリングは、経験豊富な男性カウンセラーが担当しますので、安心して遠慮無く疑問・質問を投げかけてください。


患者様側に立ってみれば、治療費用は安いに越したことはないでしょう。 患者様本位の治療を目指すABCクリニックでは、安心・安全を確保し、なおかつ、驚きの低費用で治療を行います。 『安かろう・悪かろう』の治療ではございません。

長い間、独りで悩みを抱えてきた患者様に、安心していただくことが何よりも大切です。 カウンセラーが豊富な経験を基に、丁寧な説明を行います。 また、お悩みやご質問をお聞きし、治療前の不安をできるだけ解消するよう努めます。

安全であることは、医療機関ですから当たり前のことなのですが、同時に最も重要なことでもあります。 ABCクリニックは、手術経験数豊富な熟練医師が、術後のことも考え、責任を持って『丁寧に』施術いたします。 また、個人病院ながらも充実した設備と、徹底した感染症予防対策で、ハードウェア面での安全性も保証。

ご相談はお気軽にどうぞ!